占い図鑑

占い図鑑TOP
星座占い
血液型占い
タロット占い
手相占い
姓名判断
パワーストーン
サイトマップ
ご意見・ご感想

 

 

 

 

 

 

 

占い図鑑

 こんにちは。皆さんは占いが好きですか?私は占いが大好きで、朝から、「め○○しTV」や「ズー○○ン」などで毎日チェックしてます。占いグッズを購入するためにカードローンを利用するほど占いが大好きなのです(笑)テレビ番組の占いコーナーなどのおかげで、占いはすっかり身近なものになっています。最近では、テレビや雑誌だけではなく、電話占いやチャット占い、メール占いなど、いろいろな占いが出てきています。

 「当るも八卦、当らぬも八卦」と昔から言われるように、占いは他の業界と違い、必ずしも当たらなくても通用する面もあることから、取りっぱぐれのない職種という意味で、占いを裏(外れ)が無いという意味で「裏無い」と軽蔑の意味を込めて書く場合もあります。それでも、占いがここまで身近になり、浸透していったのはどうしてでしょうか?占いは、その信憑性が科学的にはっきりとは証明されていないが不思議な効果を発揮することがあります。その為、人々は占いに魅せられていくのではないでしょうか。このサイトでは、数ある占いの中から、いくつかの占いを紹介しています。皆さん1度は耳にしたことがある占いばかりかも知れませんが、おさらいの意味もこめて読んでいただけると幸いです♪

 まず、占いは、大別すると命・卜・相(めい・ぼく・そう)の種類に分かれ、占う者は目的に応じて占いを使い分け、組み合わせます。

 命(めい)とは、運命、宿命などを占うものです。誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の要素も加えることによって、その人の生来の性質、傾向、人生の流れなどを占います。例えば、星座占いや、血液型占いなどです。

 卜(ぼく)とは、人が関わりあう事柄(事件)を占うものです。何かを決断するときなどに使う事が多いようです。時間、事象、方位など基本にして占います。占う事象を占いをする時期、出た内容などとシンクロニシティさせて(ある意味、偶然性や気運を利用して)観るのです。例えば、タロット占いや、周易などです。わかりやすい例として、 一輪の花を手にとって花びらを一枚一枚摘んで「好き・嫌い」を判断する恋愛占いや、えんぴつを転がして行う「えんぴつ野球」(ヒットの代わりに吉としたら…)などもその一種です。ちなみに卜の文字は、亀甲占いの割れ目を意味する象形文字を原形としているそうです。また占の文字も同じ系列に属します。

 相(そう)とは、目に見える対象の姿や形を観て、今現在の、人への影響や吉凶などをみる占いです。例えば、手相や姓名判断などです。視覚心理学である程度合理的な説明ができるものもあり、全て非科学的と否定しきれません。ですが、その中でも注意しなければならないのは、印相が悪いといって高額な印鑑を売りつけたり、家相が悪いといって改築を勧めたり、墓相が悪いといって高額な墓石を押し売りするといった、悪徳商法があることです。そのように押し売りをする占いには気をつけてくださいね。

check

黒川温泉の旅館

スワロフスキーの人気ラインストーン

ウエディングブーケ専門店ジェイダイトフラワー

HOME
TOP

uranai123.com